玉虫塗の歴史|東北工芸製作所|伝統工芸「玉虫塗」東北工芸製作所

玉虫塗の歴史 HISTORY

伝統的技法と近代技術が出会い 漆器の可能性を広げた仙台生まれの漆芸

漆の下から照り返すように銀粉が浮かび上がり、艶やかな光沢を生み出す「玉虫塗」。
この「玉虫塗」は、昭和初期に国策として開発された独特の技法です。

玉虫塗は、昭和初期に仙台にあった国立工芸指導所で開発されました。
国立工芸指導所とは、1928(昭和3)年に商工省(現在の経済産業省)が作った日本で初めて、全国で唯一の国の工芸デザイン指導機関です。日本工芸の近代化と、東北の産業を開発することを目的として設立され、「見る工芸」から「使う工芸」を目指して、木工・漆工などのデザイン研究や技術開発を行いました。
現在の宮城野区五輪に設立された工芸指導所は、顧問にはドイツの建築家ブルーノ・タウトを招き、世界的デザイナーの剣持勇らを輩出するなど、日本の工芸デザインの基盤を作りました。

玉虫塗は、1932(昭和7)年に当時の指導所所員だった漆芸家小岩峻(作家名は古明)によって発明されました。指導所では外貨獲得のため、当時さかんに輸出されていた工芸品を、良質に量産する技術の開発、外国人の嗜好に合う色とデザインの改良が行われていました。漆工の分野で大きな課題となっていたのが「色彩」でした。試行錯誤を繰り返す中で小岩が発明したのが、伝統的な下地を施した器に、銀粉やアルミニウムを蒔き、その上から染料を加えた透明な漆を吹き付けて仕上げるという技法です。こうして、輸出用に生産量、納期を安定させ、外国人の好みに合う色合いを生み出す画期的な技術を完成させたのです。

国立工藝指導所正面にならぶ所員。ブルーノ・タウトは左から7人目。

国立工藝指導所正面にならぶ所員。ブルーノ・タウトは左から7人目。

創業時の東北工芸製作所。初代社長の佐浦元次郎と従業員。

創業時の東北工芸製作所。初代社長の佐浦元次郎と従業員。

世界に向けた新しい「用の美」を目指し独自の発展をとげた玉虫塗

工芸指導所で誕生した玉虫塗を、仙台を代表する工芸品に育てたのは、現・東北工芸製作所の初代社長佐浦元次郎です。東北工芸製作所は、工芸指導所と、KS鋼で有名な東北帝国大学(現在の東北大学)の金属材料研究所の支援を受けて、1933(昭和8)年に設立されました。

1935(昭和10)年に玉虫塗の特許実施権を得ると、玉虫塗の商品開発が本格化。戦後、自宅のすぐ近くの簡易保険局が接収され、多くの進駐軍の米兵たちが行き来するようになると、元次郎は進駐軍の家族向けに、当時はまだめずらしかったコーヒーカップやサラダボールなどの洋食器を次々と製作し営業。店も土足で上がれるよう改築しました。モダンで艶やかな玉虫塗はたちまち話題となり、たくさんの外国人が店に訪れるようになりました。

進駐軍が撤退した後は、国内向けに身近な暮らしの道具を数多く販売し、一般家庭でも広く用いられるようになりました。そして1985(昭和60)年に宮城県より伝統的工芸品の指定を受けると、このころから天皇陛下への献上品や県の記念品など、贈答用・記念品需要も増え、仙台を代表する銘産品として、親しまれるようになりました。

玉虫塗は、近代工芸デザイン発祥の地仙台で、伝統的技法と近代技術が出会い、産官学が連携して生まれた工芸品なのです。そして東北工芸製作所はこれからも、「使う工芸」という指導所の教えを引き継ぎ、使い手の暮らしに寄り添いながらさらなる玉虫塗の進化を目指していきます。

進駐軍に人気のあった玉虫塗。1949年にはマッカーサー元帥夫人も買い物に訪れました。

進駐軍に人気のあった玉虫塗。
1949年にはマッカーサー元帥夫人も買い物に訪れました。

1955年頃の玉虫塗。西洋文化にも受け入れられるモダンなデザイン。

1955年頃の玉虫塗。西洋文化にも受け入れられるモダンなデザイン。

1985年に宮城県より伝統的工芸品の指定。天皇陛下への献上品、宮城県や仙台市からの記念品などにも多く使われるようになりました。

1985年に宮城県より伝統的工芸品の指定。天皇陛下への献上品、
宮城県や仙台市からの記念品などにも多く使われるようになりました。

Top