企業理念|東北工芸製作所|伝統工芸「玉虫塗」東北工芸製作所

企業理念 PHILOSOPHY

東北工芸製作所は、1933(昭和8)年、仙台市青葉区上杉の地で創業した、ものづくりの会社です。

玉虫塗

東北工芸製作所が創業以来大事にしてきたこと——。
それは「見る工芸から使う工芸へ」という、ものづくりの精神です。
これは、昭和初期に仙台に開設された日本初の国のデザイン研究施設「国立工芸指導所」から受け継いだ基本理念でもあります。

私たちが作る工芸品は、“飾り物”ではなく、“使われてなんぼ”。
仙台で生まれた「玉虫塗」という漆塗りの特許技術を生かして、国内だけでなく、海外を視野に入れながら、いまのライフスタイルに合う色やデザイン、価格帯を意識しながら商品開発に取り組んできました。
そういう意味では、ベンチャー企業に近い性格の会社だと考えています。

玉虫塗

「玉虫塗」は、1985(昭和60)年に宮城県指定の「伝統的工芸品」となりました。しかし、私たちははじめから「伝統」を作るために努力してきたわけではありません。仙台という街で、いま人々が求めているものは何かを常に探究しながら手しごとにこだわり、地に足のついた商売を長く続けてきた結果、「伝統的な工芸品」として認めていただいたのだと考えています。

現在、東北工芸製作所では、贈答品や記念品、献上品など、仙台を代表する伝統工芸品を作りながらも、さまざまな場所、シーンでより気軽にご使用いただけるようなステーショナリーからテーブルウェアまで、幅広いカテゴリーの商品を製作しています。
そしてこれからも、技術改良と試行錯誤を重ねながら、伝統の良いところは残しつつ、いまだからこそできること、世界に通用するものなどの付加価値をプラスし、新しい玉虫塗を作り続けていきます。

*写真提供:手とてとテ -仙台・宮城のてしごとたち-

東北工芸製作所の企業理念

この「企業理念」は、禅僧・道元がまとめた『正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)』から、仏教の真髄に触れる言葉を抜粋したとされる『修証義(しゅしょうぎ)』にもとづいたものです。ものづくりの姿勢、人との接し方に禅の思想を取り入れ、
一人ひとりがこれを理解し、実践することにより、お客様や社会から信頼され、必要とされる企業を目指していきたいと考えています。

  • 1.私は総べての人達のために心と身体を惜しみなく使います。
  • 2.私は総べての人達に対し心の底から優しい言葉で話します。
  • 3.私は総べての人達の利益が最大となるよう心から願って行動します。
  • 4.私は総べての人達と一体となって明日に向かって進みます。
東北工芸製作所のロゴマーク

東北工芸製作所のロゴマークについて

昭和16年頃、初代社長・佐浦元次郎の時代に作られた東北工芸製作所のシンボルマーク。
東北6県を表す六角形には、手しごとで東北6県をつなぎたいという思いが込められています。
モダンなロゴデザインは、工芸指導所からの指導を受けて作られました。

Top