新着情報|伝統工芸「玉虫塗」東北工芸製作所

新着情報 NEWS

2017.05.23NEWSメディア紹介特注企画商品

仙台ハーフマラソンの記念品

仙台ハーフマラソン 玉虫塗
第27回仙台国際ハーフマラソン大会に出場する仙台市の国際姉妹・友好都市など8都市の選手団に、奥山恵美子市長から玉虫塗の平文庫が記念に贈られました。

蓋裏には、大会のロゴマークの蒔絵を施しました。仙台の大会にふさわしいお土産として喜んで頂きました。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170513_14023.html

2016.11.02NEWSメディア紹介特注企画商品

タイ人気俳優に玉虫塗の任命書

仙台国際観光ナビゲーター.

日本とタイの修好宣言から来年で130周年となることを記念して、仙台市などを舞台としたドラマ「Rock Letter」の撮影が行われることになり、仙台市役所にて記者会見がありました。制作はタイの大手テレビ局で、奥山仙台市長と共に、タイから来訪したメインキャストの若手人気俳優ケン・プープーム・ポンパーヌさんなどが出席しました。番組は2017年の7月よりタイで放送される予定です。

また、来日したドラマ出演俳優は、仙台の魅力をSNSなどで発信する仙台国際観光ナビゲーターに任命されました。今回は特別な任命書として、玉虫塗の記念盾をお使い頂きました。日本とタイの友好の架け橋として、ナビゲーターの皆さまの活躍を期待しております。

▼ 舞台は仙台 タイがドラマ制作 / NHK NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20161101/3915541.html

▼ <日タイ修好130年>東北舞台ドラマ制作へ / 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201611/20161102_13020.html

2016.10.05NEWSメディア紹介特注企画商品

金メダル「タカマツ」玉虫塗の記念品贈呈

タカマツ 県民栄誉賞 玉虫塗

リオデジャネイロ五輪バドミントン女子ダブルスで金メダルを獲得した高橋礼華選手と、松友美佐紀選手(聖ウルスラ学院英智高出身)の「タカマツ」ペアの宮城県県民栄誉賞の贈呈式が、平成28年10月5日に県庁一階ロビーで行われました。

式典では沢山の人に見守られる中、村井嘉浩宮城県知事より表彰状と「玉虫塗 尺三飾り皿」が記念品として贈られました。高橋、松友両選手の優勝報告は、会場にいる多くの県民と金メダル獲得を喜びあう和やかな雰囲気でした。玉虫塗の飾り皿をマジマジとご覧になっていて、こちらもドキドキいたしました。両選手のみやぎ絆大使への任命も、知事より会場で発表され、遠征地でも自炊するほどお米好きというエピソードに会場が沸いていました。これからのお二人の活躍を応援しています。

東北工芸製作所の玉虫塗は、本年もG7における首相からのおもてなし品、仙台市長による敬老記念品など、大事な場面で大切な人への贈り物として喜ばれています。お客様のご要望に合わせて特別な玉虫塗も製作致しますので、どうぞお問い合わせください。

<タカマツ>宮城県庁1階で「贈呈式」公開へ
http://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201609/20160921_14022.html

▼ 宮城県 県民栄誉賞
http://www.pref.miyagi.jp/site/profile/meiyo.html

※玉虫塗の飾り皿は、ソチ五輪フィギアスケート男子 金メダリスト羽生結弦選手、日本シリーズの覇者 楽天野球団及び田中将大選手、沢村賞の岩隈久志選手、トリノ五輪フィギュアスケート女子で金メダリスト 荒川静香選手などが受賞された県民栄誉賞の記念品という大役を任せて頂いております。

▼ 東北工芸製作所 お問い合わせ
http://www.t-kogei.co.jp/contact/

2016.07.27NEWSメディア紹介特注企画商品

中小企業のモデルケースとして「HANJO HANJO」に掲載

戦国BASARA-玉虫塗
※「戦国BASARA玉虫塗絵はがき」でデザインは左が「伊達政宗」、右が「片倉小十郎」(映像提供(C)CAPCOM/TEAM BASARA)
次の画像

中小企業の新しいビジネスのモデルケースを集めた「HANJO HANJO」にて、東北工芸製作所のものづくりの姿勢が上げられました。

【記事のポイント】
▼伝統工芸をアニメという対極の異業種につなぐ、しなやかな発想
▼低成長期のものづくりには、付加価値を見出すことが重要
▼時代のニーズを読み解く先に、ものづくりの生き残る道が広がっている

として、これまでの産学官連携や異業種コラボレーションの事例がコンパクトにまとまっております。

また、コラボレーションの華やかさに無過ごされがちですが、連携のつなぎ役から協力や補助など、様々な機関にサポートして頂くことによって、初めて実現できております。記事にも登場する、宮城県、仙台市、ジェトロ(日本貿易振興会)、科学技術振興機構(JST)の皆さまには、改めて感謝いたします。

▼ HANJO HANJO /【ポストものづくり時代:1】伝統工芸を現在とシンクロさせる
http://hanjohanjo.jp/article/2016/07/22/6211.html

▼ 宮城県 アニメの活用による販売戦略セミナーの御案内~アニメ「戦国BASARA」との連携について~
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/jyoho-i/goods.html

2016.06.17NEWSメディア紹介特注企画商品

らーめん「えにし」オリジナルボウル

えにし 冷やしラーメン 玉虫塗

東京 戸越銀座のらーめん「えにし」にて、恒例の冷やしラーメンが登場。今年は玉虫塗の特製ラーメンボウルでお客様に振る舞われます。

らーめん えにしは、12周年を迎えるしょうゆラーメンの名店で魚介系の無化調だしに自家製麺が特徴です。店主の角田匡氏は宮城出身でご縁があり、昨年より試作を重ねながら、特製のボウルが誕生いたしました。えにしは、食べログTOP5000へのランクインや、ザ!鉄腕!DASH!!「世界一うまいラーメンつくれるか」で、TOKIO長瀬智也さんが訪問して絶賛するなど、活躍されています。

「えにしの冷やし 2016」は甘酸っぱいタレ(イチゴなどフルーツ入り)にぶ厚い肉でさっぱりしつつも食べでがあります。麺がお汁と絡まりがよくて、のどごしの良いソーメンみたいで気づいたら完食してしまう逸品です。

8月末までの限定で提供しています。どうぞご賞味ください。

▼ 『えにし新聞』~戸越らーめんえにし公式ブログ~
http://ra-enishi.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/2016-1484.html

▼ 食べログ えにし – 戸越銀座/ラーメン
http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131712/13003424/

2016.06.14NEWS特注企画商品

全日本広告連盟 記念品の製作

全広連 玉虫塗

公益社団法人「全日本広告連盟」(全広連)の第64回仙台大会が5月18日、仙台市青葉区の仙台国際センターで行われました。仙台市での開催は25年ぶりで、村井宮城県知事、奥山仙台市長、地元の名士に加え、全国から約1200名の広告関係者が集まりました。記念品には「玉虫塗 ワインカップ」と全広連のロゴをあしらったオリジナル蒔絵付きのしおりを製作いたしました。

▼ 全日本広告連盟(全広連)
http://www.ad-zenkoren.org

▼ 電通報 杜の都から“復興の力と広告の未来”発信―全広連仙台大会開く
http://dentsu-ho.com/articles/4046

2016.05.31NEWSナノコンポジットメディア紹介特注企画商品

G7における おもてなしに選定

G7玉虫塗

仙台市の秋保温泉で5月20日・21日に開催された、主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議にて、東北工芸製作所の「玉虫塗 ワインカップペア」が仙台市からの記念品として採用されました。国際コンベンション都市を目指す仙台のおもてなしに恥じないよう、各国の幅広い生活様式に対応できる傷に強い「ナノコンポジットコーティング」のワインカップをご用意いたしました。ナノコンポジットコーティングは、産業技術総合研究所 東北センターと開発した技術で、食洗機にもご利用いただけます。

また、5月26日及び27日の2日間を通じて行われたG7伊勢志摩サミットにおいても,安倍総理大臣からG7各国首脳及びアウトリーチ招待国への贈呈品の一つとして、東北工芸製作所の玉虫塗が選ばれました。

▼ G7伊勢志摩サミットにおけるおもてなし(贈呈品)| 外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/is_s/page4_002082.html

▼ G7伊勢志摩サミットにおけるおもてなし(アウトリーチ招待国への贈呈品)| 外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/is_s/page4_002092.html

2016.05.23NEWSメディア紹介特注企画商品

祝 東北大学 金属材料研究所 創立100周年

金研百周年-玉虫塗ペーパーウェイト

金研百周年 玉虫塗

金研百周年-玉虫塗

東北大学 金属材料研究所 創立百周年おめでとうございます。東北工芸製作所は、1933年、金研の支援を受けて設立され、初代所長の本多光太郎博士の指導のもとKS磁石鋼の応用工芸品を手がけました。「学問のあるところに技術は育つ、技術のあるところに産業は発展する、産業は学問の道場なり」という本田博士の言葉の通り、東北工芸製作所は特許技法として開発された玉虫塗を実用的な工芸品に育ててきました。

この度、平成28年5月21日に開かれた東北大学 金属材料研究所の創立百周年式典にて、来賓の方々に記念品として配る玉虫塗ペーパーウェイトを製作いたしました。金研ロゴと100周年記念ロゴをあしらったデザインの特注品となります。今回の商品のために考案した新技術を取り入れた特別な玉虫塗です。金研百周年を記念して、本田博士の精神(スピリッツ)を大事にしたものづくりに取り組みました。

▼ 東北大学 金属材料研究所
http://www.imr.tohoku.ac.jp

* 写真1枚目 記念品の玉虫塗ペーパーウェイト
* 写真2枚目 「IMR NEWS kINKEN」金研創立百周年記念号 VOL.80
* 写真3枚目 特別顕彰として玉虫塗扇面パネルが授与された式典の様子

2016.03.31NEWSメディア紹介特注企画商品

「富県宮城グランプリ」記念盾の製作

富県宮城 表彰額 玉虫塗

宮城県の産業経済の振興と発展に貢献している企業や個人を表彰する「富県宮城グランプリ」が東日本大震災後の休止を経て、5年ぶりに再開しました。宮城県庁にて3月28日に開かれた表彰式では、グランプリ及び他3部門の受賞企業に記念盾が贈られました。

なお、記念盾の製作は東北工芸製作が承り、玉虫塗に蒔絵を施した特別な仕上げとしました。

受賞者の皆さまに心よりお祝い申し上げます。

▼ 富県宮城グランプリ ヤマセ電気が受賞
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201603/20160329_12025.html

▼ 宮城県公式ホームページ / 富県宮城グランプリについて
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/fukensui/h27grandprix.html

2016.03.25NEWS特注企画商品

上野の森美術館「VOCA展 2016」作品展示

菊地良博氏_玉虫塗

菊地良博氏_玉虫塗

上野の森美術館(東京都台東区 上野恩賜公園内)では、現代アートの若手作家による平面作品の展覧会「VOCA(ヴォーカ)展2016」が、2016年3月12日(土)から30日(水)まで開催されています。今回、宮城県在住の美術家 菊地良博氏の作品に玉虫塗が使われています。

作者自身が「震災のはるか以前から、郊外の日常生活に埋め込まれた葛藤に対峙」したという3部作で、東北工芸製作所は2作目である(1枚目写真中央)の「ひどいイベント」という作品のキャンパスを玉虫塗で塗り上げました。また、60センチ四方の大きな図案の蒔絵は、杜の都のデザインファクトリー AZOTH(アゾット)様によるシルクスクリーンの手刷りで製作いたしました。

全国各地の学芸員や美術史家に推薦された作家が展示する「VOCA展」は、1994年に始まって以来、村上隆氏、奈良美智氏、会田誠氏など名だたる芸術家が推薦され、現代芸術の登竜門として知られております。地元宮城出身 菊地良博氏の今後の活躍に期待しています。

●VOCA展2016 現代美術の展望─新しい平面の作家たち
VOCA展では全国の美術館学芸員、ジャーナリスト、研究者などに40才以下の若手作家の推薦を依頼し、その作家が平面作品の新作を出品するという方式により、全国各地から未知の優れた才能を紹介していきます。今回は、33人の推薦者により32人の作家が出品いたします。

・会場 上野の森美術館 (東京都台東区上野公園1−2)
・会期 3/12(土)〜3/30(水)
・休館 会期中無休
・開館時間 午前10時~午後6時 ※入館は閉館の30分前まで
・観覧料 一般・大学生500円/高校生以下無料

▼ Yoshihiro KIKUCHI | 菊地良博
http://yoshihirokikuchi.org

▼ 上野の森美術館 – VOCA展2016
http://www.ueno-mori.org/exhibitions/main/voca/2016/

Top