新着情報|伝統工芸「玉虫塗」東北工芸製作所

新着情報 NEWS

2019.01.29NEWSナノコンポジットメディア紹介

渡辺復興相のご来社

ワインカップと大臣1 玉虫塗 東北工芸製作所

ボールペンと大臣2 玉虫塗 東北工芸製作所

第4次安倍改造内閣の渡辺復興相が、東北視察の一環として仙台市内の上杉ショールームまでお越しになりました。

ものづくり日本大賞の経済産業大臣賞を受賞した食洗機対応のナノコンポジットワインカップや、国民栄誉賞を受賞した羽生結弦選手に復興庁から贈呈されて話題となった複合ボールペンなどをご覧いただきました。

宮城県の指定伝統的工芸品である「玉虫塗」を、復興庁には定期的にお使いいただいております。今回は、唯一の製造元である東北工芸製作所の歴史、技法、震災後の動きについて、大臣自ら確認をしたいという熱意により、ご来社くださいました。誠にありがとうございました。

・<渡辺復興相>仙台市内の災害公営住宅住民と意見交換 / 河北新報 2019年01月23日
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201901/20190123_11014.html

・玉虫塗 ナノコンポジット ワインカップ 
http://www.t-kogei.co.jp/products/table/winecup-pair_nanocomposite/

・玉虫塗 複合ボールペン 緑 無地
http://www.t-kogei.co.jp/products/stationery/bpen-g/

2019.01.18NEWSナノコンポジットメディア紹介

蛯名武雄先生の河北文化賞受賞

河北文化賞 産総研 蛯名先生

第68回(平成30年度)「河北文化賞」は、東北地方の学術、芸術、体育、産業、社会活動の各分野の発展に寄与された5個人が選ばれました。玉虫塗のナノコンポジットを研究開発した産業技術総合研究所 東北センターの蛯名武雄先生も受賞されました。

1月17日に仙台国際ホテルで行われた贈呈式でも、「地元の企業との研究が功績になった。」と謙虚に話しをされる蛯名先生の東北への情熱と人柄があって、私たちも研究そしてナノコンポジットの商品化をすることができました。

蛯名先生おめでとうございます。これからもよろしくお願いします。

▼ <河北文化賞>挑戦、振興、東北照らす 5個人に贈呈
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201901/20190118_15032.html
・ 産業技術総合研究所化学プロセス研究部門(仙台市宮城野区)首席研究員の蛯名武雄氏(54)は、東北の粘土から紙のように薄く、折ったり曲げたりできるフィルム「クレースト」の開発と工業化に成功した。

2018.12.26NEWSメディア紹介

東北・新潟のキラ☆企業に認定

東北・新潟のキラ☆企業 東北工芸製作所

公益財団法人東北活性化研究センターによる「東北・新潟のキラ☆企業」に認定されました。就職先を検討している学生や両親、学校の先生などに向け、東北・新潟の魅力ある企業を紹介し、より多くの方に知ってもらい、若者の定着・還流につなげるのが目的とのことです。弊社からは、木村がインタビューに応えました。どうぞご覧ください。

▼ 東北・新潟のキラ☆企業
https://www.kira-boshi.jp/miyagi/599/

2018.12.05NEWSナノコンポジットメディア紹介

復興ビジネスコンテスト2018 「アイリスオーヤマ賞」受賞

新しい東北 復興庁 玉虫塗

復興庁が設立した「新しい東北」官民連携推進協議会では、被災地の産業復興に向けた地域産業の創出の機運醸成を図ることを目的に、「新しい東北」復興ビジネスコンテストを開催しております。2018年度は応募総数149件の中から、「アイリスオーヤマ賞」に東北工芸製作所のナノコンポジットが選ばれました。

協賛企業であるアイリスオーヤマ株式会社より「衰退産業と思われている伝統工芸品を、最先端技術を施すことにより現代のライフスタイルにも適した商品「使う工芸」に変えた。食洗機にかける事ができる玉虫塗は、国内外への展開で復興工芸品の成功モデルと言える。」と言うコメントをいただきました。

関係者のみなさま、誠にありがとうございました。

受賞企業の一覧と受賞理由は下記の「新しい東北」ウェブサイトよりご覧ください。

▼ 新しい東北 復興ビジネスコンテスト2018
https://www.newtohoku.org/bcontest/#winner

会いに行ける酒蔵ツーリズム

KADOKAWA 東京ウォーカー編集部による「NIPPON SAKE DISCOVERY 会いに行ける酒蔵ツーリズム 仙台・宮城」にて、TOUCH CLASSICの酒器が紹介されました。

・171ページ TOUCH CLASSIC 「伝統の技をモダンなデザインで。」 
・150ページ 日本酒Bar旅籠(はたご) 『酒器はさまざま。日本酒にあうワイングラスのほか、P171で紹介した「TOUCH CLASSIC」もある。』

宮城の日本酒と一緒にTOUCH CLASSICをお楽しみください。ご贈答にも桐箱入りでお喜びいただけます。また、日本酒Bar旅籠にて、ぜひ実際に味わってみてください。

▼ NIPPON SAKE DISCOVERY 会いに行ける酒蔵ツーリズム 仙台・宮城
- 日本酒及び宮城の魅力を携わる「人」と「ストーリー」を通してお届けします –
https://www.kadokawa.co.jp/product/321803001669/

▼ 日本酒Bar旅籠 Facebookページ
https://www.facebook.com/hatagojapan/

2018.10.15NEWSメディア紹介

浦霞フリーペーパー「shizuku」で紹介

浦霞 TOUCH CLASSIC shizuku2

宮城県を代表する日本酒「浦霞」醸造元 株式会社 佐浦発行のフリーペーパー「shizuku vol.34」の「ちょっとだけ、背伸び。-今日は酒器(ダレ)と飲む?-」にて、TOUCH CLASSICの猪口が紹介されました。

取材をしてくれた、宮城大学公認サークルART STANDARD.の皆さん、どうもありがとうございました。

せんだいメディアテーク、藤崎百貨店、飲食店、酒店など宮城県内各所で配布されておりますので、ぜひご覧ください。

▼ フリーペーパー「shizuku」
http://www.urakasumi.com/shizuku/

▼ ART STANDARD.
http://www.art-standard.com/shizuku/

2018.09.21NEWSメディア紹介

「レアニッポン Powered by Begin」に掲載

begin_玉虫塗

モノの“価値”を見出だし伝える雑誌「Begin」の新しいウェブサイト「レアニッポン Powered by Begin」に玉虫塗とTOUCH CLASSICが掲載されました。

「センダイコーヒースタンド」でのTOUCH CLASSICタンブラーや、「松巌山 東園禅寺」の玉虫塗の釈迦生涯図など、お使いの玉虫塗について、いつもお世話になっている皆さまがインタビューに応えています。

どうぞご覧ください。

▼ 【宮城】~カフェと漆と禅寺と~「玉虫塗」のある風景を旅して
https://www.rarenippon.jp/2018/09/21/4517/

▼ 【宮城・仙台】「枡入り抹茶ティラミス」とコーヒーは、抜群のマリアージュだった!
https://www.rarenippon.jp/2018/09/21/4548/

2018.07.31NEWSメディア紹介

小学館メンズプレシャスに掲載

Mensprecious_玉虫塗

小学館の男性向けラグジュアリーファッション雑誌「MEN’S Precious(メンズプレシャス)」のオンライン版に、TOUCH CLASSICシリーズの記事が掲載されました。

▼ MEN’S Precious(メンズプレシャス)仙台の伝統工芸品「玉虫塗」に起こったイノベーションとは?
https://precious.jp/articles/-/6601

2018.07.02NEWSメディア紹介

羽生選手に玉虫塗ボールペン贈呈

羽生結弦選手_玉虫塗ボールペン

フィギアスケート五輪連覇の羽生結弦選手が国民栄誉賞を受賞し、復興庁の特別感謝状も授与されました。東日本大震災の被災3県の特産品が贈られ「玉虫塗 複合ボールペン 緑」が吉野大臣より贈呈されました。おめでとうございました。

▼ 玉虫塗 複合ボールペン 緑 無地
https://www.47club.jp/08M-000007/goods/detail/10099140/

▼ 羽生選手に復興相から特別感謝状も(NHK 2018年7月2日)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180702/k10011504681000.html

▼ 羽生選手に特別感謝状=復興庁、被災地に希望と元気(時事通信 2018年7月2日)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018070200764&g=pol

2018.07.02NEWSナノコンポジットメディア紹介

学術誌「Synthesiology 」に掲載

玉虫塗ナノコンポジット Synthesiology

国立研究開発法人産業技術総合研究所が発行する学術誌「Synthesiology − 構成学」に、玉虫塗のナノコンポジット の論文が掲載されました。

産総研クレイチームの蛯名会長と共同研究をした内容について、弊社も共同執筆させていただきました。3年に渡る研究の成果と今後の指針が論文としてまとめられています。

▼ 産総研:学術誌 「Synthesiology − 構成学」
https://www.aist.go.jp/aist_j/aistinfo/synthesiology/index.html

Top