新着情報|伝統工芸「玉虫塗」東北工芸製作所

新着情報 NEWS

2018.12.05NEWSナノコンポジットメディア紹介

復興ビジネスコンテスト2018 「アイリスオーヤマ賞」受賞

新しい東北 復興庁 玉虫塗

復興庁が設立した「新しい東北」官民連携推進協議会では、被災地の産業復興に向けた地域産業の創出の機運醸成を図ることを目的に、「新しい東北」復興ビジネスコンテストを開催しております。2018年度は応募総数149件の中から、「アイリスオーヤマ賞」に東北工芸製作所のナノコンポジットが選ばれました。

協賛企業であるアイリスオーヤマ株式会社より「衰退産業と思われている伝統工芸品を、最先端技術を施すことにより現代のライフスタイルにも適した商品「使う工芸」に変えた。食洗機にかける事ができる玉虫塗は、国内外への展開で復興工芸品の成功モデルと言える。」と言うコメントをいただきました。

関係者のみなさま、誠にありがとうございました。

受賞企業の一覧と受賞理由は下記の「新しい東北」ウェブサイトよりご覧ください。

▼ 新しい東北 復興ビジネスコンテスト2018
https://www.newtohoku.org/bcontest/#winner

2018.07.02NEWSナノコンポジットメディア紹介

学術誌「Synthesiology 」に掲載

玉虫塗ナノコンポジット Synthesiology

国立研究開発法人産業技術総合研究所が発行する学術誌「Synthesiology − 構成学」に、玉虫塗のナノコンポジット の論文が掲載されました。

産総研クレイチームの蛯名会長と共同研究をした内容について、弊社も共同執筆させていただきました。3年に渡る研究の成果と今後の指針が論文としてまとめられています。

▼ 産総研:学術誌 「Synthesiology − 構成学」
https://www.aist.go.jp/aist_j/aistinfo/synthesiology/index.html

2018.03.28NEWSナノコンポジットメディア紹介

ものづくり日本大賞受賞者インタビュー

ものづくり日本大賞_東北工芸製作所

2016年に行われた第6回ものづくり日本大賞の受賞者インタビュー動画が、経済産業省youtubeチャンネルに公開されました。東北工芸製作所はナノコンポジットコーティングなど、現代の生活あった漆器の開発を評価され、経済産業大臣賞を頂戴していました。

ものづくり日本大賞は、日本の産業・文化の発展を支え、豊かな国民生活の形成に大きく貢献してきたものづくりを着実に継承し、さらに発展させていくため、製造・生産現場の中核を担っている中堅人材や、伝統的・文化的な「技」を支えてきた熟練人材、今後を担う若年人材など、ものづくりの第一線で活躍する各世代のうち、特に優秀と認められる方々を顕彰する制度です。

受賞したナノコンポジットコーティングの玉虫塗ワインカップは商品化されており、下記のページよりお買い求めいただけます。

▼ ワインカップ ナノコンポジット
http://www.t-kogei.co.jp/products/table/winecup-pair_nanocomposite/

▼ 経済産業省 youtubeチャンネルに
https://www.youtube.com/watch?v=29_WY8Fvhns&t=170s

2017.07.31NEWSナノコンポジットメディア紹介

「みちのくモノがたり」NHK総合 放送予定

NHKmichimono_tamamushi

今晩8月1日(火)午前0:05のNHK総合チャンネルにて、東北のものづくりを紹介する「みちのくモノがたり」に東北工芸製作所の玉虫塗が登場します。

番組の詳細は下記の通りです。

【 みちのくモノがたり 「気持ちは伊達政宗!~仙台 玉虫塗~」】
東北のキラリと光るモノ作りを伝えるシリーズ「みちのくモノがたり」▽80年以上の歴史を誇る仙台の伝統漆器「玉虫塗」登場▽名前の由来は“自然界の宝石”▽熟練した職人の技を公開!虹色に光る輝きの秘密とは?▽驚きの技術革新!食洗器でも洗える漆器を開発▽震災後、苦境から生み出された「和×洋」のモノづくり▽老舗工房の3代目・佐浦康洋と職人たちが新たに挑んだ作品に世界が称賛▽挑戦への原動力は、あの伊達政宗!?

どうぞお楽しみください。

▼ みちのくモノがたりシリーズ 放送予定
・気持ちは伊達政宗!~仙台 玉虫塗~
・8月1日 (火) 午前0:05〜
http://www.nhk.or.jp/ashita/michimono/

▼ NHKネットクラブ 番組詳細(みちのくモノがたり「気持ちは伊達政宗!~仙台 玉虫塗~」)
https://hh.pid.nhk.or.jp/pidh07/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20170731-22-29103

2017.07.03NEWSナノコンポジットメディア紹介

日刊工業新聞に掲載

玉虫塗 日刊工業新聞

6月30日付の日刊工業新聞「プレミアムクラフト」のコーナーで、「時代に合わせたものづくり」として東北工芸製作所の玉虫塗が紹介されました。

産業技術総合研究所とのナノコンポジットコーティングや、TOUCH CLASSICシリーズについて当社常務 佐浦のインタビューが掲載されております。

▼ 日刊工業新聞 プレミアムクラフト(13)東北工芸製作所−玉虫塗
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00433912
※会員限定コンテンツです。

2017.01.30NEWSナノコンポジットメディア紹介

「みやぎ優れMONO」に認定

みやぎ優れMONO

県内の優れた工業製品を認定し、県内外に発信するための「みやぎ優れMONO」に認定されました。関係者の皆さま、どうもありがとうございました。

▼ 第9回みやぎ優れMONO認定製品 / 「ナノコンポジットコーティング」を付与した高耐久性漆器 玉虫塗
http://www1.odn.ne.jp/m-suguremono/product/9th/tohokukogei.html

*写真は、国立研究開発法人産業技術総合研究所 東北センター 松田所長と弊社代表の佐浦です。

2016.10.19NEWSナノコンポジットメディア紹介

METI政策 60秒解説「手工芸の技術と先端素材」

ものづくり日本大賞 玉虫塗

経済産業省の「60秒解説」に東北工芸製作所のナノコンポジットの事例が掲載されました。

「60秒解説」は、経済産業省の政策のエッセンス。日々の情報の洪水のなかでつい見失いがちな、「経済の大きな流れ」や、「キラリと光るデータ」が、スマホで「60秒」で読める分量にまとまっています。

今回は、第7回「ものづくり日本大賞」の募集にあわせて、前回大賞にて経済産業大臣賞を受賞した東北工芸製作所の事例が「手工芸の技術と先端素材」として紹介されました。

▼ 経済産業省 政策について 60秒解説 / 製造業の優秀人材を、官邸で表彰:ものづくり日本大賞
http://www.meti.go.jp/main/60sec/2016/20161011001.html

JST フェア 玉虫塗

2016年8月25-26日 東京ビッグサイトにて、設立20周年を迎えた国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)による「未来の産業創造」が開かれ、JST発の研究開発成果として、玉虫塗「ナノコンポジットコーティング」が紹介されました。

将来の社会・経済に貢献する、伝統的工芸品の科学技術イノベーションの展示としてモデルコースに設定頂いたことにより、JSTの濵口理事長の案内で、田野瀬文部科学大臣政務官、小林防衛大臣政務官、渡海科学技術・イノベーション戦略調査会長などがお見えになりました。

工芸品で世の中を変えていく新しい取り組みが、産学官連携により、仙台の東北工芸製作所と産総研東北センターで進んでいることに、皆さん一様に驚かれていました。

▼ JST フェア2016
http://www.jst.go.jp/tt/jstfair/

▼ ナノコンポジットコーティング
http://www.t-kogei.co.jp/nanocomposite/

2016.06.29NEWSナノコンポジットメディア紹介

ものづくり白書 に掲載

ものづくり白書 玉虫塗

東北工芸製作所と産業技術総合研究所 東北センターが共同開発した「ナノコンポジットコーティング」についてのコラムが、2016年版ものづくり白書(製造基盤白書)に掲載されました。

ものづくり白書は、平成11年に施行された「ものづくり基盤技術振興基本法8条」に基づく法廷白書で、経済産業省、厚生労働省、文部科学省が共同して毎年発行しています。内容は、「政府がものづくり基盤技術の振興に関して講じた施策」の報告となります。

第1章「我が国ものづくり産業が直面する課題と展望」において、弊社が伝統工芸品産業及び東日本大震災にて直面してきた課題と、今後の展望について分かりやすくまとめられており、「新提案型地場産品のトップランナーとなって、宮城の復興工芸品の成功モデルとなることが期待されている。」とご紹介を頂きました。

▼ 2016年版ものづくり白書(PDF版)(METI/経済産業省)(172から173ページに掲載)
http://www.meti.go.jp/report/whitepaper/mono/2016/honbun_pdf/index.html

▼ 東北工芸製作所 ナノコンポジットコーティング特設ページ
http://www.t-kogei.co.jp/nanocomposite/

2016.05.31NEWSナノコンポジットメディア紹介特注企画商品

G7における おもてなしに選定

G7玉虫塗

仙台市の秋保温泉で5月20日・21日に開催された、主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議にて、東北工芸製作所の「玉虫塗 ワインカップペア」が仙台市からの記念品として採用されました。国際コンベンション都市を目指す仙台のおもてなしに恥じないよう、各国の幅広い生活様式に対応できる傷に強い「ナノコンポジットコーティング」のワインカップをご用意いたしました。ナノコンポジットコーティングは、産業技術総合研究所 東北センターと開発した技術で、食洗機にもご利用いただけます。

また、5月26日及び27日の2日間を通じて行われたG7伊勢志摩サミットにおいても,安倍総理大臣からG7各国首脳及びアウトリーチ招待国への贈呈品の一つとして、東北工芸製作所の玉虫塗が選ばれました。

▼ G7伊勢志摩サミットにおけるおもてなし(贈呈品)| 外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/is_s/page4_002082.html

▼ G7伊勢志摩サミットにおけるおもてなし(アウトリーチ招待国への贈呈品)| 外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/is_s/page4_002092.html

Top